Greg Lake/EL&P – I Believe in Father Christmas

greg-lake-elp-i-believe-in-father-christmas

I Believe in Father Christmas

今回のクリスマス・ソングは、
グレッグ・レイク。

彼がソロでリリースした、
1975年のシングル『I Believe in Father Christmas』。

つくったのはグレッグ・レイクと、
ピート・シンフィールド。

ピート・シンフィールドは、
エマーソン・レイク・アンド・パーマーやキング・クリムゾンで作詞を担当していた人。

この曲は、
別のヴァージョンがある。

1977年のEL&Pアルバム、
『Works Volume 2』に登場するやつがそうだ。

ソロの方はオーケストラが使われているんだけど、
EL&Pの方ではオーケストラはないもの。

どちらが好きか?となると、
やはり後者の方が良いかな。

好みだろうけど、
あまりオーケストラとか入っていない方が好きなのかもしれない。

プロコフィエフの曲が、
使われているよね。

交響組曲『キージェ中尉(Поручик Киже)』作品60から、
第4曲『トロイカ(Тройка』だ。

普通に曲にフィットしていて、
違和感が全くない。

Lylics

ところでこの曲は、
クリスマス・ソングとは言いながらもなかなか辛辣な歌詞だったりする。

They said there’ll be snow at Christmas
They said there’ll be peace on Earth

Greg Lake – I Believe in Father Christmas

クリスマスには雪が降ると言う
クリスマスにはこの地球が平和になると言う

まあ最初は、
こんな感じで始まる。

いかにもクリスマスらしい、
そんな出だしだ。

ただその後の展開は、
ちょっと違ってくる。

They sold me a dream of christmas
They sold me a silent night

Greg Lake – I Believe in Father Christmas

ボクはクリスマスの夢を売りつけられ
聖なる夜を売られてきた

商業化されたクリスマスを、
否定しているんだろうか?

そして最後には、
こうなる。

Hallelujah noel be it heaven or hell
The christmas we get we deserve

Greg Lake – I Believe in Father Christmas

ハレルヤ 
クリスマス
天国にも地獄にも
それぞれに相応しいクリスマスを

地獄には地獄に相応しいクリスマスを、
ってねえ…。

それでもこの曲は、
UKチャートで2位になっている。

その時の1位だった曲は、
クイーンの『Bohemian Rhapsody』なんだよね。

この曲は、
2回もクリスマス(1975年と1992年)にUKチャート1位になっている。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
グレッグ・レイクの曲。

I Believe in Father Christmas』を、
1975年のソロ・ヴァージョンと1977年のEL&Pのヴァージョンでお届けしました。

おまけ

♫ Поручик Киже ♫
Сергей Сергеевич Прокофьев Поручик Киже

George Szell
The Cleveland Orchestra

♫ Bohemian Rhapsody ♫

Queen

他の Christmas Music はこちらで!

Christmas Music
Christmas Music(my favorite)

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました