‘Twas the night before Christmas

the-night-before-christmas

Art Carney

Spike Jones & His City Slickers – All I Want For Christmas (Is My Two Front Teeth)
で出てきた詩『The Night Before Christmas』。

この詩そのままを、
曲にしているものがある。

今回のクリスマス・ソングは、
アート・カーニーとヒューイ・ピアノ・スミス・アンド・ザ・クラウンズ。

タイトルは詩の最初のフレーズ、
‘Twas the night before Christmas』。

『’Twas』は、
『It was』のことだ。

アート・カーニーは、
1974年の映画『Harry and Tonto』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した人だね。

この曲はクリスマス・ソングとは言っても、
ただこの詩をドラムのリズムに合わせて語っているだけなんだけどね。

A Visit from St. Nicholas

1823年12月23日、
ニューヨークの『Troy Sentinel』という新聞にこの詩が掲載された。

タイトルは『A Visit from St. Nicholas』で、
作者名はなく匿名だった。

作者はコロンビア大学の東洋・ギリシア文学教授、
クレメント・クラーク・ムーアとされている。

1837年に発行された『The New-York Book of Poetry』の中で、
初めて作者名入りで詩が載る。

そして、
1844年に彼の作品集『Poems』に収録された。

ただ、
これには異説もあってヘンリー・ビークマンリビングストン・ジュニアの作品だという主張もある。

まあどちらでも周辺の人以外は、
本来どうでも良い話だ。

ところでこの詩、
今の商業的クリスマスやサンタクロースに大きな影響を与えたものとして知られる。

The stockings were hung by the chimney with care
In hopes that St. Nicholas soon would be there;

A Visit from St. Nicholas

靴下は煙突のそばに丁寧に吊るされ
サンタクロースがやって来るのを待ちわびていた

確か煙突のそばに靴下を吊るすのは、
サンタのモデルとされている聖ニコラウスの伝説が由来だったはず。

近所の貧しい家族の娘が身売りしなければならなくなったと知った聖ニコラス、
煙突からお金を投げ入れると暖炉のそばに吊るしてた靴下の中に入りそのおかげで娘は救われたというお話。

それでサンタクロースは、
暖炉のそばにぶら下げた靴下にプレゼントを入れてくれるという話になっていったらしい。

When, what to my wondering eyes should appear,
But a miniature sleigh, and eight tiny reindeer,

A Visit from St. Nicholas

キョロキョロと見回すと
小さなソリと8頭の小さなトナカイが見えた

今でも描かれる、
空飛ぶソリに乗るサンタのイメージそのものだね

ちなみに8頭のトナカイの名前は、

  • Dasher
  • Dancer
  • Prancer
  • Vixen
  • Comet
  • Cupid
  • Donder
  • Blitzen

赤鼻のトナカイ、
Rudolphは入っていない。

あれは、
この詩が書かれたもっと後にロバート・L・メイによる童話に出てくるトナカイだからね。

So up to the house-top the coursers they flew,
With the sleigh full of Toys, and St. Nicholas too.

A Visit from St. Nicholas

トナカイたちは屋根の上へ向かって飛んだ
おもちゃがいっぱいのソリとサンタクロースを乗せて

As I drew in my head, and was turning around,
Down the chimney St. Nicholas came with a bound.

A Visit from St. Nicholas

窓から頭をひっこめ振り向くと
サンタクロースが煙突から降りてきた

His eyes—how they twinkled! his dimples how merry!
His cheeks were like roses, his nose like a cherry!
His droll little mouth was drawn up like a bow,
And the beard of his chin was as white as the snow;
The stump of a pipe he held tight in his teeth,
And the smoke it encircled his head like a wreath;
He had a broad face and a little round belly,
That shook when he laughed, like a bowlful of jelly.
He was chubby and plump, a right jolly old elf,

A Visit from St. Nicholas

サンタクロースの目はキラキラ光りニッコリ笑顔のえくぼ
ほっぺはバラのように赤くて鼻はまるでサクランボみたい
おどけた口は弓みたいだしアゴに生えたひげは白い雪のよう
パイプをきつくかんで煙は輪となりあたあの周りを囲んでる
顔は大きくお腹は丸く笑うたびにゼリーの入ったボウルのように揺れる
可愛くぽっちゃりした姿は愉快な妖精みたいだ

きっと多くの人がイメージするサンタクロースが、
そこには描かれている。

Huey “Piano” Smith & The Clowns

アート・カーニーのように、
この詩を朗読している感じのものはいろいろある。

ただメロディが付いて、
ちゃんと歌になっているものもある。

ヒューイ・ピアノ・スミス・アンド・ザ・クラウンズ、
1962年のご機嫌なクリスマス・アルバム『’twas The Night Before Christmas』からタイトル曲。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
アート・カーニー。

まあソングと言うよりも、
語りみたいな『‘Twas the night before Christmas

それとは別に、
メロディがあるヒューイ・ピアノ・スミス・アンド・ザ・クラウンズのヴァージョンをお届けしました。

他の Christmas Music はこちらで!

Christmas Music
Christmas Music(my favorite)

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました