Look What You’ve Done

broken

December’s Children (And Everybody’s)

September 25, 1965 US Single (Released in the U.K. on October 22.)

A:Get Off of My Cloud
  (Jagger,Richard)
B:I’m Free(US)
  (Jagger,Richard)
The Singer Not the Song(UK)
  (Jagger,Richard)

1965年アメリカでは9月25日、
イギリスでは10月22日にシングルがリリースされる。

B面はUS盤とUK盤では曲が異なるけど、
いずれにしてもカヴァーではなくオリジナルだ。

続いて、
アメリカでは5枚目のオリジナル・アルバムがリリースされる。

タイトルは、
December’s Children (And Everybody’s)』。

ミックが1995年に、
こんなふうに語っている。

It was our manager (Andrew Oldham)’s idea of hip. Beat poetry.

Mick Jagger

『マネージャーのいかしたアイディア、ビート詩人さ。』
という感じかな。

December 4, 1965 US 5the Album

A1:She Said Yeah
  (G. Roderick;S. Christy;Roddy Jackson)
A2:Talkin’ ‘Bout You
  (Chuck Berry)
A3:You Better Move On
  (Arthur Alexander)
A4:Look What You’ve Done
  (M. Morganfield)
A5:The Singer Not the Song
  (Mick Jagger;Keith Richard)
A6:Route 66
  (Bobby Troup)
B1:Get Off of My Cloud
  (Mick Jagger;Keith Richard)
B2:I’m Free
  (Mick Jagger;Keith Richard)
B3:As Tears Go By 
  (Mick Jagger;Keith Richard;Andrew Loog Oldham)
B4:Gotta Get Away
  (Keith Richard; Mick Jagger)
B5:Blue Turns to Grey
  (Mick Jagger;Keith Richard)
B6:I’m Moving On
  (Hank Snow)

UK盤の『Out Of Our Heads』がベースとなっているこのアルバム、
あとはこのアルバムの前にリリースされたシングル『Get Off of My Cloud』。

アメリカでのB面『I’m Free』、
イギリスでのB面『The Singer Not the Song』。

このアルバムのすぐ後にアメリカで(イギリスは1966年2月4日)発売された、
シングル『As Tears Go By』とB面の『Gotta Get Away』。

更にUK最後のEP『got LIVE if you want it!』からの2曲、
Route 66』と『I’m Moving On』。

結局、
ここでの初登場は2曲だけ。

カヴァー曲『Look What You’ve Done』と、
オリジナルの『Blue Turns to Grey』。

December’s Children isn’t (an album), it’s just a collection of songs.

Mick Jagger

まさにミックが『これはアルバムなんかじゃなくて、単なる曲の寄せ集めだ』、
と言った通りの内容だ。

とは言え、
このアルバムはBillboard 200で4位になっている。

Muddy Waters – Look What You’ve Done

それでこのアルバムで唯一初登場のカヴァー曲、
Look What You’ve Done』はマディ・ウォーターズ1960年のシングル。

ソングライターのクレジット、
マディの本名『M.Morganfield(マッキンリー・モーガンフィールド)』。

このシングルのB面は、
Love Affair』。

The Rolling Stones – Look What You’ve Done

久しぶりにブルースらしいブルースのカヴァーだけど、
ブライアン・ジョーンズはきっと喜んだに違いない。

それにしても、
渋い曲を選ぶ。

もちろんハーモニカは、
そのブライアン・ジョーンズ。

他のカヴァー

さてこの曲のカヴァーだけど、
今回は特にないかな。

まあ、
このオリジナルとストーンズで充分だ。

っていうか、
あまりカヴァーしている人が居ないと言った方が良いかもしれない。

というわけで…

今回はUS5thアルバム『December’s Children (And Everybody’s) 』で、
ストーンズがカヴァーした曲。

マディ・ウォーターズ1960年のシングル、
Look What You’ve Done』。

オリジナルとストーンズだけになってしまったけど、
今回はここまで。

他のストーンズのカヴァーはこちら!

The Rolling Stones
TheRollingStones

おまけ

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました