Joni Mitchell – River

river

Blue

ジョニ・ミッチェルが、
1971年にリリースしたアルバムがある。

タイトルは、
Blue』。

雑誌ローリング・ストーンの、
『500GreatestAlbums of All Time』2020年版で3位に輝いたアルバムだね。

以前はもっと順位が低かったはずだけど、
ここにきて再評価されているんだろうか?

まあ元々名盤であることには、
全く変わりないんだけど。

ちなみにこの『500 GreatestAlbums』のベスト10を見てみると、
こんな感じになっている。

No.1:Marvin Gaye
    What’s Going On
No.2:The Beach Boys
    Pet Sounds
No.3:Joni Mitchell
    Blue

No.4:Stevie Wonder
    Songs in the Key of Life
No.5:The Beatles
    Abbey Road
No.6:Nirvana
    Nevermind
No.7:Fleetwood Mac
    Rumours
No.8:Prince and the Revolution
    Purple Rain
No.9:Bob Dylan
    Blood on the Tracks
No.10:Lauryn Hill
    The Miseducation of Lauryn Hill

まあ納得のものもあれば、
自分的には『?』というものもあるけど好みの問題だからね。

Joni Mitchell – River

それでこのアルバム『Blue』には、
今ではもう定番のクリスマス・ソングになった感のある『River』が収録されている。

It’s coming on Christmas
They’re cutting down trees
They’re putting up reindeer
And singing songs of joy and peace
Oh I wish I had a river I could skate away on

Joni Mitchell – River

クリスマスがやってくる
人々はモミの木を伐り
トナカイをツリーに飾り付け
喜びと平和の歌を唄う
私に河があったらスケートで飛んで行けるのに

後半に『Now I’ve gone and lost the best baby that I’ve ever had』とか、
『I made my baby say goodbye』とか出てくる。

この『Baby』はグラハム・ナッシュのことだと言われているけど、
1965年に彼女が学生の頃に産んで養子に出した娘のことも少し重ねていたってことは…ないか。

同じアルバムに『Little Green』って曲があるけど、
こちらはその娘の歌だよね。

他のヴァージョン

この曲って600以上もカヴァーされているらしいけど、
なかなか響くものがない。

圧倒的にオリジナルが良いし、
同じようなアプローチならなおさらだ。

まあ、
そうは言っても1曲くらい。

マデリン・ペルー、
2006年の『Half the Perfect World』に登場するヴァージョン。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
ジョニ・ミッチェル。

雑誌ローリング・ストーンの『500GreatestAlbums of All Time』2020年版で、
3位に輝いたアルバム『Blue』から『River』。

オリジナルと、
ポスト・ジョニ・ミッチェルなんて言われ方もしたマデリン・ペルーのカヴァーをお届け。

おまけ

他の Christmas Music はこちらで!

Christmas Music
Christmas Music(my favorite)

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました