モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」ニ長調 K.504

mozart-symphony-no-38

66曲目は6枚のレコード

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音たち、
66曲目はモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」ニ長調 K.504

1787年に プラハから招待を受けた、
モーツァルト。

きっかけは大成功となった、
歌劇『フィガロの結婚』K.492。

その際『フィガロの結婚』を自身の指揮で演奏したが、
それに先立って初演したのがこの曲。

曲の構成

曲は、
3つの楽章から成る。

第1楽章
 アダージョ-
 アレグロ
 ニ長調
 4分の4拍子
 序奏つきソナタ形式
第2楽章
 アンダンテ
 ト長調
 8分の6拍子
 ソナタ形式
第3楽章
 フィナーレ:
 プレスト
 ニ長調
 4分の2拍子
 ロンドソナタ形式

ブルーノ・ワルター/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Bruno Walter,
Vienna Philharmonic Orchestra-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1936年

指揮:ブルーノ・ワルター
演奏:ウィーンフィルハーモニー管弦楽

ラファエル・クーベリック/シカゴ交響楽団

Rafael Kubelík,
Chicago Symphony Orchestra-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1953年

指揮:ラファエル・クーベリック
演奏:シカゴ交響楽団

ジョセフ・カイルベルト/バンベルク交響楽団

Joseph Keilberth,
Bamberg Symphony-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1956年

指揮:ジョセフ・カインベルト
演奏:バンベルグ交響楽団

オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団

Otto Klemperer,
Philharmonia Orchestra-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1959年

指揮:オットー・クレンペラー
演奏:フィルハーモニア管弦楽団

ヨーゼフ・クリップス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

Josef Krips,
Royal Concertgebouw Orchestra-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1973年

指揮:ヨーゼフ・クリップス
演奏:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニ管弦楽団

Karl Böhm,
Vienna Philharmonic Orchestra-
Mozart:
Symphony No.38
in D major,
K.504

1955年

指揮:カール・ベーム
演奏:ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

というわけで…

今回の村上春樹、
『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音楽。

66曲目は、
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」ニ長調 K.504をお届けしました。

『古くて素敵なクラシック・レコードたち』の他の音楽はこちら!

My Good Old Classical Records
村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました