September Song

セプテンバー

9月

長月なんて、
言い方もあるよね。

他にも彩月とか竹酔月とか、
いろいろな呼び方がある。

元々英語の『September』は、
ラテン語の『septem』に由来する。

ただ『septem』の意味するところは、
実は『7』。

3月が年の始まりだった時の7番目が、
1月になってもそのままだったかららしいと誰かが言ってたな。

EW&Fの『September』は取り上げないと思ったんだけれど…

というわけで9月だから、
まずは『September Music』。

9月の曲と言えば、
好き嫌いはともかくEW&Fの『September』を思い浮かべる人が多いんだろうね。

そうでもないかな?
少し昔過ぎるか。

いずれにしてもこの曲を好きな人には申し訳ないけど、
ここでは取り上げないのだ。

なぜかって?
特に理由はないんだけどあまり聴きたいと思わないからかな。

とても優れた曲だし確かに大ヒットした曲だけど、
どうもあの感じが苦手なんだ。

別にラジオから流れたとしても、
スイッチを消すようなことはしないけどね。

この曲、
そういえば最近TVから流れている。

サントリー、
『クラフトボス』のCMだね。

実は2020年のEW&F結成50周年を記念して、
日本記念日協会が9月21日を『アース・ウインド&ファイアー「セプテンバー」の日』に正式認定していた。

これって、
歌詞のこの部分にちなんでのことらしい。

Do You Remember, the 21st night of September.
Love was changing the minds of pretenders.

EW&F-September

なるほど、
これはなかなか粋である。

よって、
つもりはなかったんだけど『おまけ』に貼っておく。

September Song

それで、
取り上げるのは『September Song』。

曲を書いたのは『三文オペラ(Die Dreigroschenoper)』で知られるクルト・ヴァイルで、
作詞は劇作家のマクスウェル・アンダーソン。

最初は、
1938年のミュージカル『ニッカーボッカー・ホリデイ(Knickerbocker Holiday)』。

ウォルター・ヒューストンが唄うために、
つくられた曲。

その後、
1950年の映画『旅愁(September Affair)』の主題歌にもなっている。

James Brown – September Song – Extended Version

とにかくいろんな人が唄っているけど、
その中からジェームズ・ブラウンのヴァージョンを。

バックの演奏はいつものザ・JBズではなくて、
ツーバスの開祖ルイ・ベルソンのオーケストラ。

アレンジと指揮は、
あの『ブルースの真実(The Blues and the Abstract Truth)』のオリヴァー・ネルソン。

なんとも豪華な顔ぶれのアルバム、
1970年の『Soul On Top』に入っている。

ビッグ・バンドを従えてJBがソウルフルに歌い上げるこの曲、
他のカヴァーとは一味違う感じでとても良いのだ。

Walter Huston – September Song

最初に唄ったウォルター・ヒューストンと比べれば、
全然違うのが良くわかるかな。

Jeff Lynne – September Song

そうそう、
もう1つお気に入りのヴァージョンを。

ジェフ・リン1990年のアルバム、
ジョージ・ハリスンも参加している『Armchair Theatre』に入っているやつ。

ジョージはこの曲でスライド・ギターを弾いていて、
バッキング・コーラスもつけている。

ゆる~い感じが、
また何とも心地良い。

そんなわけで…

『September Music』の最初は、
『September Song』。

ジェームズ・ブラウンとウォルター・ヒューストン、
更にジェフ・リンの3ヴァージョン。

他にもサラ・ボーンエラ・フィッツジェラルドももちろん良いし、
意外なところでルー・リードのカヴァーも悪くない。

いろいろと聴き比べると、
この曲自体の良さが良くわかるからあれこれ聴いてみてほしい。

ただこの曲、
実は数時間で仕上げたらしいよ。

真実かどうか?はわからないけれど、
名曲なんて意外とそんなものなのかもしれないね。

他の9月の音楽はこちら!

September
9月の音楽(September Music)

おまけ


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました