The Flirtations – Christmas Time Is Here Again

the-flirtations-christmas-time-is-here-again

元々はザ・ジプシーズというグループ名だった、
ザ・フラーテーションズ。

1962年に結成された女性グループで、
メンバーこそ違えど何と未だに活動しているみたいだ。

そのザ・フラーテーションズ が1968年にリリースしたシングルに、
『Nothing But A Heartache』という曲がある。

今回のクリスマス・ソングは、
そのシングルのB面の『Christmas Time Is Here Again』。

曲は、
トニー・ワディントンとウェイン・ビッカートン。

特別強烈な印象を残すわけでもないんだけれど、
なんとなく流れていると心地良くなる曲だ。

この2人は幼なじみで、
ビートルズがメジャー・デビューする前に解雇されたドラマーのピート・ベストのバンドに居たことがあるんだよね。

See the snowflakes falling around me
I watch them fall to the ground
Christmas cards completely surround me
Hung on the walls all around
I see the candle glow and the snow upon my window pane (window pane)
All over the world it’s the same Christmas time is here again

The Flirtations – Christmas Time Is Here Again

雪が降っているわ
私はそれが地上に落ちていくところを見ている
壁に吊るされたクリスマス・カードに囲まれてね
ろうそくの煌めきと窓辺の雪が見えるわ
世界中にクリスマスがまたやってきたのね

って感じで始まるこの曲、
同じタイトルの曲がそのビートルズであるけどそれとは違う曲。

ビートルズの方は、
残念ながらSpotifyにはないのでここではアップできない。

元々ビートルズの『Christmas Time Is Here Again』はファン・クラブ用に毎年つくられていた、
クリスマス・アルバムの5作目1967年盤に入っていた曲。

その後1995年12月リリースのビートルズのシングル、
『Free As A Bird』のB面に短く編集した音源が収録されている。

あとは2017年リリースのボックス・セット、
『The Beatles’ Christmas records』にはオリジナルがそのまま収録されている。

要するにこちらのザ・フラーテーションズのものとは、
何の関係もないのだ。

毎年、
クリスマスはやって来る。

それがどういう状況であれ、
誰にでも訪れる。

できればいつもハッピーな状態でクリスマスを迎えたいものだけど、
まあ今更クリスマスだからどうこうということはない。

とうわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
元々ザ・ジプシーズというグループ名だったザ・フラーテーションズ。

1968年に『Nothing But A Heartache』のB面でリリースされた、
『Christmas Time Is Here Again』をお届けしました。

他の Christmas Music はこちらで!

Christmas Music
Christmas Music(my favorite)


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました