Jacob Miller/Ray I – Natty Christmas

jacob-miller-ray-i-natty-christmas

Jacob Miller

さて、
今回のクリスマス・ソング。

そうだな、
レゲエにしよう。

レゲエ・クリスマス・ソングと言えば、
やはりこのアルバムが浮かんでくる。

あまりレゲエは聴かないけれど、
このアルバムはたまに聴きたくなるのだ。

それが1978年リリース、
ジェイコブ・ミラー/Ray Iの『Natty Christmas』。

ジェイコブ・ミラーは、
1970年代にあのボブ・マーリーと肩を並べるほど人気があったらしい。

レゲエを聴かない人でも、
ボブ・マーリーの名前は知っている人が多いはずだ。

でも、
ジェイコブ・ミラーは知らないという方も多いに違いない。

1968年、
彼が13歳の時。

『The Schoolboys』という名義で、
Guilty Of Love(Love is Messege)/Tell Me』でデビュー。

その後、
オーガスタス・パブロの元で成功していく。

そしてインナー・サークルのリード・シンガーとして更に飛躍、
ソロとしても活躍していた。

でも、
1980年に残念ながらまだ27歳の若さでホープ・ロードで交通事故に遭ってこの世を去ってしまう。

イギリスのレコード・レーベル、
アイランド・レコードと契約を結んだ後の話だ。

あまりにも早過ぎた死がなければ、
もっと世界的な大きな成功を手にしていたに違いない。

そう考えると、
かなり残念なわけで。

それでも、
彼の残した遺産は確実に聴き続けられることだろう。

Natty Christmas

アルバムの内容は、
こんな感じ。

A1:Wish You A Merry Christmas(Jacob Miller)
A2:Ahameric Temple(Ray I)
A3:Silver Bells(Jacob Miller)
A4:Natty No Santa Claus(Ray I)
B1:All I Want For Ismas(Jacob Miller Ray I )
B2:On The Twelve Day Of Ismas
B3:Deck The Hall

内容は、
もちろん素晴らしい。

そして、
何といっても1度見たら忘れないであろうジャケットが良い。

ジェイコブ・ミラーが、
サンタ・クロースに扮して微笑んでいる。

その手に持つのは、
もちろん『Cannnabis sativa L.(カンナビス・サティバ・エル)』。

カンナビス・サティバ・エルは、
学名だね。

カンナビスが属名でサティバが種名
エルはリンネの頭文字。

それにしてもこのジャケット、
インパクトが強すぎる。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
レゲエ。

レゲエ・クリスマス・ソングと言えば、
やはりこのアルバム『Natty Christmas』。

27歳の若さでこの世を去ってしまったジェイコブ・ミラーと、
オールド・スクールDJのRay Iの共作をお届けしました。

おまけ

♫ Guilty Of Love(Love is Messege)

The Schoolboys

♫ Tell Me ♫

The Schoolboys

他の Christmas Music はこちらで!

Sorry 404 NOT FOUND | 〇〇Music
Your 〇〇Music


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました