How about this? – Christmas Songs 7

how-about-this-christmas-songs-7

How about this?

普通のクリスマス・ソングに飽きたら、
こんな感じはいかがでしょう?

昔々のブルース中心の、
クリスマス・ソングたちの第7弾。

Lil’ Son Jackson – New Year’s Resolution

ライトニン・ホプキンスにギターの手ほどきを受けたこともある、
リル・サン・ジャクソン(メルヴィン・ジャクソン)。

1961年のアルバム『Rockin’ An’ Rollin’』に入っている、
ハッピー・ニュー・イヤー・ソング『New Year’s Resolution』。

Charley Jordan&Verdi Lee – Christmas Tree Blues

チャーリー・ジョーダンとヴェルディ・リーが唄う、
1935年の『Christmas Tree Blues』。

Bubber Johnson – It’s Christmas Time

ブッバー・ジョンソン、
1955年の『It’s Christmas Time』。

Oscar McLollie And His Honey Jumpers – Dig That Crazy Santa Claus/God Gave Us Christmas

オスカー・マクロリー・アンド・ヒズ・ハニー・ジャンパーズ、
1954年のシングル。

A面が『Dig That Crazy Santa Claus』で、
B面が『God Gave Us Christmas』。

Lowell Fulson – Christmas Party Shuffle

ローウェル・フルソン、
1950年の『Christmas Party Shuffle』。

以前『Eric Clapton – Happy Xmas』で、
この人の別のクリスマス・ソング『Lonesome Christmas』が登場したね。

Lester Williams – Winter Time Blues

1940~50年代にかけてのヒューストン・ジャンプを代表するギタリストの1人、
レスター・ウィリアムズ。

1949年、
Winter Time Blues』。

The Marshall Brothers – Mr. Santa Boogie

マーシャル・ブラザーズ、
1951年の『Mr. Santa Boogie』。

Wings Over Jordan Choir – Sweet Little Jesus Boy

ウイングス・オーヴァー・ヨルダン・クワイエ、
1949年の『Sweet Little Jesus Boy

Fats Waller & His Rhythm – Swingin’ Them Jingle Bells

ファッツ・ウォーラー、
1938年の『Swingin’ Them Jingle Bells』。

The Orioles – Oh Holy Night

ドゥー・ワップ・サウンドの基本的なパターンを確立した、
最初期のボーカルグループの1つジ・オリオールズ。

1950年、
Oh Holy Night』。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
普通のクリスマス・ソングに飽きたらこんなのはいかがでしょう? シリーズその7。

昔々のブルース中心の、
クリスマス・ソングをお届けしました。

他の Christmas Music はこちらで!

Christmas Music
Christmas Music(my favorite)

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました