It’s Christmas Time Again

its-christmas-time-again

Stax Record

さて今回は、
1982年リリースのアルバム『It’s Christmas Time Again』。

と思ったんだけど、
このアルバムに更に曲を追加した2007年の『Christmas In Soulsville』の方にしよう。

スタックス・レコードを代表するアーティストたちの、
クリスマス・アルバムだね。

スタックス・レコードは、
メンフィスで生まれたサザンソウルの中心を担うレーベルだった。

レーベル名は、
経営者のジム・スチュワートとエステル・アクストンからとっている。

即ち、
Jim StewartとEstelle Axtonのそれぞれの最初の2文字というわけだ。

1975年に倒産したものの、
レーベル自体はその後の親会社の元で存続されている。

リリースは1982年でも、
そこに収められている曲はもう少し古いものだ。

曲は、
こんな感じ。

01:Otis Redding – Merry Christmas, Baby
02:The Staple Singers – Who Took The Merry Out Of Christmas?
03:Booker T & The MG’s– Winter Wonderland
04:Isaac Hayes – The Mistletoe And Me
05:The Emotions – Black Christmas
06:Albert King – Santa Claus Wants Some Lovin’
07:The Rance Allen Group – White Christmas
08:Rufus Thomas – I’ll Be Your Santa, Baby
09:Little Johnny Taylor – Please Come Home For Christmas
10:The Emotions – What Do The Lonely Do At Christmas?
11:Mack Rice – Santa Claus Wants Some Lovin’
12:Isaac Hayes – Winter Snow
13:The Temprees – It’s Christmas Time Again (The Christmas Song)
14:Albert King – Christmas Comes But Once A Year
15:Rufus & Carla Thomas – That Makes Christmas Day

Otis Redding – Merry Christmas, Baby

このオーティス・レディングの『Merry Christmas, Baby』は、
前に出てきているけどちょっとテイクが違うのかな?

The Staple Singers – Who Took The Merry Out Of Christmas?

ザ・ステイプル・シンガーズのこの曲は、
ディーニー・パーカーがつくったもの。

この女性はスタックスのアーティストでありソングライターであり、
ツアー・ミュージシャンだった人。

ただ自分には向いていないと、
広報としてスタックスに貢献した人だね。

Booker T & The MG’s – Winter Wonderland

以前の『Soul Christmas』にも出てきた、
1966年のアルバム『In the Christmas Spirit』の収録曲。

Isaac Hayes – The Mistletoe And Me

俳優としても活躍しているアイザック・ヘイズ、
1969年のシングル・リリース曲。

曲は、
もちろん自分でつくったもの。

The Emotions – Black Christmas

女性3人組のコーラス・グループエモーションズ、
1970年のシングル・リリース曲。

この曲は、
ザ・ステイプル・シンガーズのパーヴィス・ステイプルズの作品だね。

Albert King – Santa Claus Wants Some Lovin’

B.B.キングとフレディ・キングと並んで、
ブルース・ギタリストの3大キングと称されるアルバート・キング1974年リリースのシングル。

曲は、
サー・マック・ライスによる。

The Rance Allen Group – White Christmas

オハイオ州トレドを拠点とするゴスペル・ミュージック・グループ、
ザ・ランス・アレン・グループ1974年リリースのシングル。

もちろん、
アーヴィング・バーリンの曲。

Rufus Thomas – I’ll Be Your Santa, Baby

ルーファス・トーマス、
1973年リリースのシングル。

曲はルーファス・トーマスと、
オリエル・ロバーツ。

Little Johnny Taylor – Please Come Home For Christmas

このリトル・ジョニー・テイラー、
Please Come Home For Christmas』。

既に、
出てきているね。

The Emotions – What Do The Lonely Do At Christmas?

ジ・エモーションズ、
1974年リリースのシングル。

カール・ハンプトンと、
ホーマー・バンクスの作品。

Mack Rice – Santa Claus Wants Some Lovin’

アルバート・キングのヴァージョンと同じ曲なんだけど、
つくった本人のヴァージョンだ。

Isaac Hayes – Winter Snow

アイザック・ヘイズ、
1969年リリースのシングル。

これも『The Mistletoe And Me』と同じで、
自分でつくった曲。

そして、
その『The Mistletoe And Me』のB面だった曲。

The Temprees – It’s Christmas Time Again (The Christmas Song)

1973年のアルバム、
『Love Maze』に入っていた曲。

メル・トーメと、
ロバート・ウェルズの曲だね。

Albert King – Christmas Comes But Once A Year

曲のクレジットが、
『comp.unknown』になっているやつ。

Rufus & Carla Thomas – That Makes Christmas Day

唄っている娘のカーラ・トーマスと、
親父のルーファス・トーマスの曲。

というわけで…

今回はスタックス・レコードを代表するアーティストたちの、
クリスマス・アルバム。

1982年リリースのアルバム、
It’s Christmas Time Again』。

これに更に曲を追加した、
2007年の『Christmas In Soulsville』をお届けしました。

他の Christmas Music はこちらで!

Sorry 404 NOT FOUND | 〇〇Music
Your 〇〇Music

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました