How about this? – Christmas Songs 1

how-about-this-christmas-songs-1

How about this?

普通のクリスマス・ソングに飽きたら、
こんな感じはいかがでしょう?

昔々のブルース中心の、
クリスマス・ソングたち。

Frankie ‘Half-Pint’ Jaxon – Christ Was Born On Christmas Morn

1920-30年代に人気だったボードヴィル歌手、
フランキー・ ‘ハーフ・ピント’ ジャクソンの『Christ Was Born On Christmas Morn』。

Cotton Top Mountain Sanctified Singers名義だけど、
彼が唄っている。

リリースは1929年だから、
もうすぐ100年も前のことになる。

Titus Turner – Christmas Morning Blues

リトル・ウィリー・ジョンが唄った、
1955年の『All Around The World』をつくったタイタス・タナー。

彼が1952年にリリースした、
Christmas Morning Blues』。

The Cats & The Fiddle – Hep Cat’s Holiday

1939年に吹き込まれた『I Miss You So』で知られる、
アコースティック・ストリングス・グループ。

ザ・キャッツ&ザ・フィドル、
翌年1940年にレコーディングされた『Hep Cat’s Holiday』。

まだタイニー・グライムズが参加する前なのかな?
単純に聴いていて楽しい。

Ralph Willis – Christmas Blues

1948年リリース、
ウォッシュボード・ピートの『Christmas Blues』。

ウォッシュボード・ピートは、
ラルフ・ウィリスのペン・ネーム。

この『Christmas Blues』ってタイトルの曲って、
結構いろいろあるけどこれもその1つ。

Butterbeans & Susie – Papa Ain’t No Santa Claus

バタービーンズ&スージー、
1949年の『Papa Ain’t No Santa Claus(Mama Ain’t No Christmas Tree)』。

この2人は、
ジョディ・エドワーズとスージー・エドワーズのコメディ・コンビ。

Jimmy Butler – Trim Your Tree

ジミー・バトラーと、
ザ・ブルース・エクスプレス・オーケストラ。

1954年リリース、
Trim Your Tree』。

歌詞がダブル・ミーニングで、
かなり卑猥。

Gatemouth Moore – Christmas Blues

牧師でもあった、
ゲイトマウス・ムーア。

1946年リリース、
Christmas Blues』。

Harry Crafton With Doc Bagby’s Orchestra – Bring That Cadillac Back

ハリー・クラフトンと、
ドック・バッグビー楽団。

1949年リリース、
Bring That Cadillac Back』。

Bertha “Chippie” Hill – Christmas Man Blues

ヴォードヴィル歌手、
ベルサ・”チャッピー”・ヒル。

1928年リリース、
Christmas Man Blues』。

ギターを弾いているのは、
タンパ・レッドなのだ。

ピアノは、
ゴスペル音楽の父と言われているトーマス・アンドリュー・ドーシー。

Cecil Gant – Hello Santa Claus/It’s Christmas Time Again

1944年『Pvt. Cecil Gant(セシル・ギャント二等兵)名義の、
『I Wonder』のヒットで知られるセシル・ギャント。

1950年、
Hello Santa Claus』。

そして、
It’s Christmas Time Again』。

というわけで…

今回のクリスマス・ソングは、
普通のクリスマス・ソングに飽きたらこんなのはいかがでしょう? シリーズその1。

昔々のブルース中心の、
クリスマス・ソングをお届けしました。

他の Christmas Music はこちらで!

Sorry 404 NOT FOUND | 〇〇Music
Your 〇〇Music


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました