その夜の主要演目は『マーラーの交響曲』

交響曲

マーラーの交響曲は全部で11曲

その夜の主要演目はマーラーの交響曲だった(何番かは忘れた)。

村上春樹-一人称単数-謝肉祭(Carnaval)P157

マーラーの交響曲が主演演目だとして、
果たしてそれが何番だったかを忘れたりするものなのだろうか?

でもまあ忘れたと言うのだから、
そういうことなんだろう。

マーラーの交響曲は、
全部で第1番から第10番と番号を伴わない《大地の歌》を合わせて全11曲ある。

そのうちの1曲、
第10番は第一楽章までで未完に終わっている。

この10番に限らずマーラーがちゃんと完成させた曲って、
確か交響曲と歌曲くらいしかなかったんじゃないかな?

そんな作曲家って他にいるだろうか?
思い付かない。

だからだろうか?
多彩な音色に包まれるそれぞれの曲たち。

それがどれか?
を忘れるわけがないとやはり思うのだけどまあいい。

Leonard Bernstein – Mahler:Symphony No.1 in D Major “Titan”

さすがに、
小学生の頃はマーラーは聴けなかった。

聴くようになったのは、
多分プログレとかを聴くようになってからだった気がする。

最初に聴いたのは交響曲第一番、
バーンスタイン指揮のものだ。

オーケストラは、
ニューヨーク・フィルハーモニック。

バーンスタインのマーラーの交響曲全集は、
映像含め3種類あるのかな?

このニューヨーク・フィルハーモニックとの演奏が最初で、
最もエネルギッシュで過剰ともいえるがこれが実は大好きなのだ。

『一人称単数』関連記事はこちら!


コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました