マーラー:交響曲第1番 ニ長調

mahler-symphony-no-1

35曲目は4枚のレコード

村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音たち、
35曲目マーラー:交響曲第1番 ニ長調

1884年から、
1888年にかけて作曲された作品。

この曲の第1稿は、
5楽章から成っている。

第1~第3楽章を第1部、
第4・5楽章を第2部とする交響詩として1889年に発表されている。

マーラー自身が指揮、
ブダペスト・フィルハーモニー交響楽団によって初演が行われたが成功はしなかった。

いわゆるブタペスト稿というやつで、
現在は失われている。

その後改訂が加えられ、
1883~4年の上演に際しては『Titan(巨人)』の標題が付された。

各楽章にも、
こんな感じで副題が付された。

ハンブルク稿

第1部:青春の日々より
 第1楽章:春、終わることなく
 第2楽章:(副題なし)
 第3楽章:(副題なし)
第2部:人間喜劇
 第4楽章:カロ風の葬送行進曲
 第5楽章:地獄から天国へ

ワイマール稿

第1部:青春の日々より 花、果実、いばらの作品
 第1楽章:春、終わることなく
      (序奏は冬の⻑い眠りからの⾃然の⽬覚めを描く)
 第2楽章:花の章
 第3楽章:帆に⾵をいっぱいはらんで
第2部:人間喜劇
 第4楽章:座礁
      (カロ⾵の葬送⾏進曲)
 第5楽章:地獄から天国へ
      (最も深く傷ついた⼼の絶望の突然の爆発)

標題は、
ドイツの小説家ジャン・パウル1802年の小説 『Titan(巨人)』 に由来しているらしい。

1896年のベルリンでの演奏で、
マーラーは『花の章』を削除。

全4楽章の『交響曲』とし、
二部構成や各楽章の標題もすべて取り払ったのが今の基本形。

曲の構成

今の基本形になった、
4つの楽章から成る曲の構成はこんな感じ。

第1楽章
 Langsam,
 Schleppend,
 wie ein Naturlaut –
 Im Anfang sehr gemächlich
 ゆるやかに、
 重々しく 
 ニ長調 
 4/4拍子 
 序奏付きの自由なソナタ形式
第2楽章
 Kräftig bewegt,
 doch nicht zu schnell
 力強く運動して 
 イ長調 
 3/4拍子 
 複合三部形式
第3楽章
 Feierlich und gemessen,
 ohne zu schleppen
 緩慢でなく、
 荘重に威厳をもって
 ニ短調 
 4/4拍子 
 複合三部形式
第4楽章
 Stürmisch bewegt
 嵐のように運動して 
 ヘ短調 – ニ長調 
 2/2拍子 
 自由なソナタ形式

エイドリアン・ボールド/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

Adrian Boult,
London Philharmonic Orchestra-
Mahler:Symphony No.1,
in D major,
“Titan”

1958年

指揮:エイドリアン・ボールド
演奏:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

ウィリアム・スタインバーグ/ピッツバーグ交響楽団

William Steinberg,
Pittsburgh Symphony Orchestra-
Mahler:Symphony No.1,
in D major,
“Titan”

1953年

指揮:ウィリアム・スタインバーグ
演奏:ピッツバーグ交響楽団

ディミトリ・ミトロプーロス/ミネアポリス交響楽団

Dimitris Mitropoulos,
Minneapolis Symphony Orchestra-
Mahler:Symphony No.1,
in D major,
“Titan”

1940年

指揮:ディミトリ・ミトロプーロス
演奏:ミネアポリス交響楽団

パウル・クレツキ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Paul Kletzki,
Vienna Philharmonic-
Mahler:Symphony No.1,
in D major,
“Titan”

1962年

指揮:パウル・クレツキ
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

というわけで…

今回の村上春樹、
『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音楽。

35曲目は、
マーラー:交響曲第1番 ニ長調をお届けしました。

おまけ

Leonard Bernstein,
New York Philharmonic-
Mahler:Symphony No.1,
in D major,
“Titan”

1967年

指揮:レナード・バーンスタイン
演奏:ニューヨークフィルハーモニック

レナード・バーンスタインの、
マーラー交響曲全集のことが出てきているので。

『古くて素敵なクラシック・レコードたち』の他の音楽はこちら!

My Good Old Classical Records
村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』で流れる音楽

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました