『デレク・アンド・ドミノズ』とかオーティス・レディングとかドアーズとか

カセット・テープ

僕は一人で車を運転するときは、よくロックかブルーズを聴いた。

僕は一人で車を運転するときは、よくロックかブルーズを聴いた。『デレク・アンド・ドミノズ』とか、オーティス・レディングとか、ドアーズとか。

―村上春樹-女のいない男たち-P281

なぜデレク・アンド・ドミノズだけ『』が付いているのか?
はちょっとわからない。

でもまあ、
どれも良い趣味だ。

ボクも相も変わらず、
ずっとこんな感じの音楽を流しているかもしれない。

害のないエレベーターで流れているような音楽が、
悪趣味だとは言わないけれど(言っているか)。

人それぞれ、
好みがあるから仕方がなのだ。

デレク・アンド・ドミノズ

『ドミノス』ではなくて、
『ドミノズ』なんだな。

もちろんこのバンドはクラプトンが居たバンドで、
唯一のスタジオアルバム『Layla and Other Assorted Love Songs』1枚(2枚組だけど)で終わったバンドだ。

ここは『Layla』じゃないの?と思う人も居るだろうけど、
そろそろあの曲はボクの生涯再生回数を超えたのかもしれない。

オーティス・レディング


オーティス・レディング(Otis Ray Redding Jr.)、
1941年9月9日 – 1967年12月10日。

ボクが彼を知ったのは遥か昔、
リアルタイムではないけど1967年の『Monterey Pop Festival』の映像を見た時だった。

飛行機事故でさっさと居なくなってしまったけれど、
残されたものは音も影響もとても大きい。

そういえば以前にこの人の『White Christmas』が出てきたけど、
やはり独特の素晴らしい曲にしちゃうんだよな。

ドアーズ

村上春樹作品には、
ドアーズはよく出てくる気がする。

それって、
村上朝日堂はいほ~の中の『ジム・モリスンのための「ソウル・キッチン」』があるからそう思うだけだろうか?

ボクも通勤の電車で、
今でもドアーズはたまに聴く。

短編集『女のいない男たち』で流れる他の音たちはこちら!

Men Without Women
村上春樹『女のいない男たち』で流れる音楽たち

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました