September(Richard Strauss)

セプテンバー

9月

ヘルマン・ヘッセの詩に、
『September』という詩がある。

1927/9/23、
50歳の時に創られたものだ。

Der Garten trauert,
kühl sinkt in die Blumen der Regen.

Der Sommer schauert
still seinem Ende entgegen.

Golden tropft Blatt um Blatt
nieder vom hohen Akazienbaum.

Sommer lächelt erstaunt und matt
In den sterbenden Gartentraum.

Lange noch bei den Rosen
bleibt er stehn, sehnt sich nach Ruh.

Langsam tut er
die müdgeword’ nen Augen zu.

庭は喪に服し
雨が花々に冷たくしみ込む

夏は震える
静かにその終わりを待ちながら

金色の葉が次々と
高いアカシアの木から落ちる

夏は慌てて物憂げに微笑む
絶えてゆく庭の夢に

長い間薔薇の傍らに
夏はたたずみ休息を望む

そしてゆっくりと
疲れきった目を閉じる

ヘルマン・ヘッセ-Septembere

四つの最後の歌

リヒャルト・ストラウスの死の直前の曲、
『四つの最後の歌(Vier letzte Lieder)』。

この中に、
ヘッセの先程の詩に曲をつけたものがある。

それが、
4曲の中の2番目の『September』。

この曲のオーケストラの始まり方が結構好きで、
そこが聴きたいがためにこの曲を流すことが多い。

もちろん、
歌が始まってからも良いに決まっているけどスイッチはいろんなところにあるものなのだ。

Elisabeth Schwarzkopf – September

それで誰が唄ったものが良いかな?
と考えるとやはりこの人になる。

デイム・オルガ・マリア・エリーザベト・フリーデリケ・レッグ=シュヴァルツコップ、
つまりはエリーザベト・シュヴァルツコップ。

ドイツ人の両親のもとポーランドのポーゼンに生まれた彼女は、
20世紀を代表するソプラノ歌手と言われるだけの素晴らしい歌声を聴かせてくれる。

伴奏はベルリン放送交響楽団、
指揮はジョージセル。

この素晴らしい歌声に、
見事に寄り添っている演奏もまた見事なものがある。

アルバムは、
1966年の『Four Last Songs And Five Other Songs With Orchestra』から。

というわけで…

今回は、
リヒャルト・ストラウスの『September』をエリーザベト・シュヴァルツコップで。

この曲、
昔はあまり惹かれることもなかった。

いつの頃からか、
この曲を含めた『四つの最後の歌(Vier letzte Lieder)』を聴くようになった。

意外に、
そういう曲ってあったりする。

もちろん、
逆もある。

昔は好きで良く聴いていた曲でも、
今では全く聴かなくなったものもある。

そして、
しばらく聴かなかったのにまた聴き始める曲もある。

こういうのって、
音楽に限らずいろいろな対象でよくある話だ。

本にしても、
絵にしても…。

いずれにしても、
狭い範囲にならないように幅を持ちたいと思う。

他の9月の音楽はこちら!

September
9月の音楽(September Music)

他の月の音楽はこちら!

https://5thworld.izakayahopping.com/category/%e3%80%87%e3%80%87-music/carender-songs/



コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました