I put a spell on you

chanel-vs-louis-vuitton-nina-simone

Nina Simone – My Baby Just Cares for Me

My baby don’t care for shows
My baby don’t care for clothes
My baby just cares for me…

Gus Kahn/Walter Donaldson – My Baby Just Cares for Me

わたしの彼はショウなんかに関心がない
服装を気に掛けたりもしない
彼が気に掛けているのはわたしのことだけ…

もう随分昔々のこと、
1980年代の後半だったかな?

Chanel N°5』のCMで、
My Baby Just Cares for Me』という曲が流れていた。

唄っていたのは、
ニーナ・シモン

1959年のデビュー・アルバム、
Little Girl Blue』からの1曲。

このCMは映像もそうだったけれど、
それ以上に印象に残ったのがこの曲なのだ。

実は、
その時に初めて彼女のことを知った。

この曲のオリジナルは、
1930年公開の映画『Whoopee!』でエディ・カンターが唄ったもの。

ウォルター・ドナルドソンが作曲、
ガス・カーンが作詞した曲だね。

聴き比べると、
同じ曲だとは思えない。

Nina Simone – I put a spell on you

I put a spell on you
Cause you’re mine…

Jay Hawkins/Herb Slotkin – I put a spell on you

あなたに魔法をかけておいたわ
だってあなたはわたしのものだから…

最近TVをオンにしていたら、
昔のようにニーナ・シモンの歌声が聴こえてきた。

最初は、
久々に『Chanel N°5』のCMなのかと思ったら違った。

今回は、
ルイ・ヴィトンの新フレグランス『Spell On You』のCMだった。

以前プラダの香水のCMに出ていた、
レア・セドゥが出演しているやつだね。

曲は、
1965年のアルバム・タイトルでもある『I put a spell on you』。

この人の歌ってスゴイという言葉しか出てこないけれど、
やはりスゴイ。

Screamin’ Jay Hawkins – I put a spell on you

この曲のオリジナルはスクリーミン・ジェイ・ホーキンス
1956年のシングル。

エンディングが少々問題ありということで、
そこだけ差し換えられて再リリースされている。

まあ、
たいして変わらない気がするけど。

今では聴くことができるようになったけれど、
最初のお蔵入りになったヴァージョンは比較的おとなしい。

あとは、
こんなヴァージョンも。

I put a spell on you ~ Another Version

この曲のカヴァーって、
結構いろいろある。

その中からいくつかを、
ピック・アップ。

クリーデンス・クリアーウォータ・リヴァイヴァル
1968年の1stアルバム『Creedence Clearwater Revival』の1曲目。

ゼム
1966年リリースの『Them Again』から。

マンフレッド・マン
1965年のEP『No Living Without Loving』から。

まだまだあるけど、
これくらいで。

というわけで…

今回は、
ルイ・ヴィトンのフレグランス『Spell On You』のCMで流れている曲。

ニーナ・シモンが唄う『I put a spell on you』、
そのオリジナルといくつかのカヴァーをお届けしました。

それぞれ良いのだけど、
響くのはやはりニーナ・シモンかな。

ちなみに『My Baby Just Cares for Me』も、
今TVCMで流れている。

唄っているのはニーナ・シモンではなくて、
Hana Hope

これはこれで、
良いのかもしれない。

他のカヴァーいろいろはこちら!

Original&Cover
Original & Cover

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました